新光商事 採用サイト RECRUTING SITE

MEMBER


社員の声・クラーク

お客様からも信頼され、後輩からも頼られるクラークに

S・K 営業第二部第二課
2015年入社
経営学部経営学科

納期を管理し調整を行う。部品が到着しないと生産ができない

営業第二部第二課は、産業系の幅広い企業様に国内外製の半導体部品や電子部品をご提供しています。私の担当しているお客様はお納めした部品で測量機、眼底カメラ、車載レーダー、ヘッドライト等を生産されています。
この部署での営業アシスタント「クラーク」としての主な業務は、お客様から頂いた注文に対し、各メーカーに発注をかけ、お客様のご要望通りに製品をお納めすることです。その一連の業務をスムーズに行うためには、様々なことに気を配らなくてはなりません。「メーカーからの入荷はお客様の必要日に間に合うか」「生産工程に遅れが発生していないか」など考えながらと日々納期を管理しています。納期に遅れが発生した時には、メーカーに納期調整の依頼をかけ、何とかお客様の必要日に間に合うよう、働きかけます。
このように納期問題が発生した場合には、「すばやく察知し対処する力」もクラーク(営業アシスタント)には求められます。

仕事は「人と人との関わり合い」、こまめに連絡を取り良い関係を築くことが大切

仕事は「人と人との関わり合い」、決して一人では成り立たないという気持ちで仕事をしています。お客様、仕入先メーカー、社内、密にコミュニケーションをとり関係性を築いておくと、問題発生時にもスムーズに情報を共有・調整しやすくなります。それゆえに、お客様それぞれの特色や依頼にあわせて対応の仕方も変え、限られた時間の中で効率よく業務を行えるよう試行錯誤を日々重ねています。
たとえば、生産の増加などにより、とても短い納期でご注文を頂くこともありますが、こういったご要望にも部品の仕入れ先メーカー、物流、営業さんや周りの方に助けて頂き、何とかお客様の期待に応えることができた時には、大変やりがいを感じます。
そういった時に、こまめに連絡を取り良い関係を築くことが大切だと改めて感じます。これだけは今後も変わらず大切にしていきたいと思っています。

新入社員へ業務を教えたことで自分もさらに成長

入社から3年、新入社員への教育を経験しました。日常で業務を教えることはもちろん、週報を取り入れ週一でフィードバックをしています。人に教えることは、自分の仕事を改めて分解して理解しなければいけませんし、伝え方も難しかったです。ですが、この新入社員教育という「業務を教える」ということを通してさらに成長することができました。
今後は、より仕事の幅を広げてお客様からも信頼され、後輩からも頼られる営業アシスタントになることが目標です。

編集後記

新光商事はこんな会社

さまざまな電子部品を扱う半導体の商社。ですので、専門的な知識が求められ大変なこともありますが、営業担当だけでなく技術部門や販促部門を交えて打ち合わせをし、協力しながら仕事をしています。
営業部署では納期に追われてバタバタしていることもありますが、時には部署の方からのお土産を美味しくいただきながら、和気あいあいとした雰囲気です。

OFFTIME

アフター5は美味しいものを食べに行ったり、月に一回は会社のフットサルに参加しています。時には土日と有給休暇を合わせて国内旅行をしてリフレッシュしています。旅行といえば、同期で大阪や伊豆に行ったり、離れて頑張る同期に会いに松本に行ったりしました。

私の就職活動

業種問わず、幅広くみていました。その中でも「人が財産」である商社に興味を持ち、新光商事を知りました。
新光商事の会社説明会では、先輩社員の方が輸送費削減の取り組みに成功した話をしてくださり、自分の仕事の幅を自分で広げていける環境とそのような意識を持った方がいるところに魅力を感じました。面接では、エピソードの内容に沿った質問だけではなく、「なぜ?どう思う?」など、考えを深堀する質問が面接官の方から多くあり、私個人をみてくれていると感じました。面接前には「頑張ってね!」と応援の声をかけてくださる方もいて、人を大切にする社風であるこの会社で働きたいと思い、新光商事に決めました。

  • 新卒採用 リクナビへ
  • 中途採用募集要項
  • 障がい者採用募集要項