新光商事株式会社

コンプライアンス

「企業行動規範」の制定について

2003年4月1日

弊社はこのほど、「企業行動規範」を制定しました。本規範は、法令はもとより社会的規範等を遵守するための企業行動指針であります。また、単に倫理項目を抽出・羅列するにとどまらず、社会貢献のあり方、社員の主体性と創造性に富んだ職場環境等、目標とすべき企業活動や期待される社員像についても記述しています。

「企業行動規範」の概要

本規範は、弊社が様々な企業活動を行っていく上で、会社および役員・社員等が遵守すべき規範を定めたものです。役員および社員は、本規範の実践を自らの重要な役割として、率先垂範し、関係先をはじめ社内組織への周知徹底と定着化に最大限努力します。
具体的内容は、次の通りです。

  • 1. 法令その他の社会的な規範を遵守し、公正で健全な企業活動を行います。
  • 2. 優れた製品・サービスの提供を通じて、社会に貢献します。
  • 3. 社員の人格・個性を尊重し、ゆとりのある豊かな職場環境を実現します。
  • 4. ステークホルダー(利害関係人)の立場を尊重します。
  • 5. 地域社会に貢献する良き企業市民たることを目指します。
  • 6. 地球環境の保全と豊かで住みやすい社会作りに貢献します。

「企業行動基準」の概要

本基準は、「企業行動規範」を日々の業務活動の中で実践できるよう、とりわけ重要な行動の基準となるべき内容について定めています。
具体的には、以下の項目で構成しています。

1.事業活動について
(1) 販 売
(2) 開 発
(3) 調 達
(4) 情報の管理
(5) 関係会社・協力会社との関係
(6) 官公庁・地方自治体等公共団体との関係
(7) 知的財産権の保護
(8) 契約の締結
(9) 海外活動

2.会社と社員の関係
(1) 社員等の人格・個性の尊重
(2) プライバシーの尊重
(3) 人権の尊重と差別的取り扱いの禁止
(4) 安全で健康的な職場環境の確保

3.会社と社会の関係
(1) 法令の遵守
(2) 反社会勢力との絶縁
(3) 情報の開示
(4) 地球環境の保全
(5) 社会貢献

体制の整備

企業行動規範や企業行動基準を実践するために、以下の体制整備を行います。

1. 「コンプライアンス・ハンドブック」を作成し、役員・社員等に配布し、周知徹底を図る。またホームページに掲載し、社内外に広く公表する。
2. 継続的に社内教育を実施する。また、個別の具体的な法令に関するコンプライアンス教育を適宜実施する。
3. コンプライアンスに関する相談窓口を設け、直接社員からの相談を受けられる体制を整備する。